セサミ油(ゴマ油)の特徴と効果

更新日:

学名:Sesamum indicum
抽出方法:低温圧搾法
原料:ゴマの種子
標準けん化価:190
主成分:リノール酸45~50%、オレイン酸35~40%、パルミチン酸8~10%、ステアリン酸5~7%、リノレン酸0.1~0.5%
注意:琥珀色のオイルは香りがしっかりとしています。そのため他の香りがあるオイルをブレンドするときには注意が必要。
セサミ油=ゴマ油は日本ではお料理でもとても身近なオイルです。ゴマを焙煎した琥珀色の香ばしい香りのオイルが一般的です。無色透明、無臭の太白ゴマ油で石鹸を作ると淡いピンク色になります。
肌の代謝を促したり、アンチエイジング効果を高めてくれるビタミンEやミネラルが豊富に含まれています。リノール酸が多く含まれているので、洗い上がりはとてもさっぱりとした石鹸に仕上がります。また、酸化防止の効果も期待できます。

-オイル

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.