サンフラワー油の特徴と効果

更新日:

 

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_s

 

学名:Helianthus annuus
抽出方法:低温圧搾法
原料:ヒマワリの種子
標準けん化価:190
主成分:リノール酸65~70%、オレイン酸15~18%、パルミチン酸5~7%、ステアリン酸3~5%、リノレン酸0.5~1.0%
注意:単独で使用すると石鹸は柔らかく、溶けやすくなってしまいます。飽和脂肪酸を含むオイルを使用しましょう。
オレイン酸とリノール酸が豊富。そのため、酸化の安定性が高く、石鹸に使用すると刺激も少なく洗浄力も高い。また、泡立ちもとてもよく、保湿やアンチエイジング効果も期待できるビタミンA、Eが多く含まれています。

軽い感触でかすかにナッツの香りがします。淡い黄色、濃い黄色のオイルです。市販されている食用のサンフラワー油は、リノール酸を抑えている精製度の高いオイルで透明度が高いオイルです。

 

 

 

-オイル

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.