牛脂の特徴と効果

更新日:

 

0421baa3bba11fcda06d0433b6491b03_s

 

学名:---
抽出方法:溶出法
原料:牛の脂肪
標準けん化価:195
主成分:オレイン酸40~45%、パルミチン酸25~30%、ステアリン酸15~20%、パルミトレイン酸3~5%、リノール酸3~4%、ミリスチン酸3~4%
注意:牛乳アレルギーの方は不向き、100%牛脂を使用している石鹸はお勧めできません。
牛脂は古くから石鹸に良く使われています。マイルドな泡立ちが特徴で、硬く寿命が長い石鹸です。固形の脂なので使用する場合には、精製する必要があります。

精製方法
①牛脂約1kgをサイコロ状にカットする。
②鍋に水を100ml入れて、塩小さじ1杯とカットした牛脂を入れて約90分程度弱火にかけます。
③牛脂が透き通ってきたらこし器でこします。ボウルに入れて冷やす(冷蔵)
④固まったら不純物が溜まっている下部を取り除きます。

上記の方法で生成して、上層部の白い油脂を石鹸作りに使用して下さい。

 

 

 

-オイル

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.