生後1か月の成長

更新日:

生後1か月になると、生まれてから約1kgの体重増加が一般的のようです。1日に30g~40gづつ増えていく感じですね。

生まれたときは細々としていた腕や太ももも、赤ちゃんらしいふっくらとした体つきになっていきます。

手や足の動きも活発になって、時々うつ伏せにしてみると首を持ち上げるようなしぐさもみられるようになってきます。

うつ伏せの体制にするのが怖くて私は、あまりしなかったですけどね。でも、生後1か月の頃もまだまだ、ねんねの時間がメインです。

生活のリズムもまだ定まらない事が多かった気がしますし、育てている最中はまだまだ大きな変化を感じにくい時期でしたね。

 

0c0a8fee9d5f848a4197c4064a155ea4_s

 

母乳、ミルク、離乳食

母乳は赤ちゃんに吸われる事でどんどん出が良くなってきます。ちょうど少しづつ慣れてきたころで、母乳もパンパンに張ってきたり痛く感じる事が多い時期でした。

母乳の出は個人差があるので、母乳マッサージをしてみたり水分補給をするようにして、足りていない時はミルクを足す・・・という感じ。完全母乳にこだわってストレスにならないようにするのも、ママにとっては大切かな・・と思います。

 

着せたもの

体温調節が苦手な時期。外出するときには外の気温に左右されやすいので、ママよりも1枚多いくらいにするといいみたい。

室内は逆に汗をかきすぎないように減らすなど、こまめに着替えで調節が必要。

 

おふろ

ベビーバスを卒業して、大人と一緒のお風呂に入るようになりました。とは言っても、ずーっと抱っこしていなければならないですし、機嫌の良い時や起きている時などタイミングも難しかった。

入浴時間は変わらず10分~15分程度。自分の体を洗うのも時短時短でしたね。お風呂上りのおへそのケアも生後1か月を過ぎたら終了しても良いようです。

おへそが乾いているかチェックしてみて!

 

おもちゃ

ぬいぐるみ、プラスチックのカラカラと音がするおもちゃ、積木など様々な物を触らせていました。いろいろな素材のものに触れさせると良いようです。

 

皮膚のチェック

生後間もない赤ちゃんは皮脂の分泌も活発。顔や身体に湿疹が出来たり、痒みのある赤いブツブツができることもあります。

入浴をして汗をかいたら着替えなど、皮膚を清潔にするのが第一。なかなか治りにくい場合には病院へ。

息子も生後1か月~2か月頃には顔にちょっとだけブツブツと出ましたが、数も多くなく体に広がる事もありませんでした。

思っていたよりも皮膚トラブルは無かったので、手が掛からない子だったのかも。

 

この頃の昔のブログ記事より抜粋

●恐怖の昼夜逆転

一応産後は実家でお世話になったのですが、自宅へ戻ったとたんに昼夜逆転してしまった時が一番辛かった・・・。

ちょうど夫の仕事も忙しい時期で帰りも遅く頼れず・・・・。

日々やつれる感じでイライラもピーク。

●zzz・・・・

息子はとにかく寝ていた(当たり前・・・・・。)

夜は無理せずミルクを足してたので3,4時間しっかり寝てくれてました。

まぁ、それでも8時間睡眠が夢のようでした。

●見えてきたおめめ(@_@)

少し周りが見えてきて抱っこすると周りをキョロキョロし始めました。

●一ヶ月健診で・・・

当日たくさんのベビーが健診に来ていた中で、頭囲がトップでした(笑)

うーん・・喜べなかった。それでも「順調すぎるくらい順調!!」と先生から言われると親バカぶりも磨きがかかりました。

 

※とにかく睡眠がとれない事や、昼夜逆転してしまう事で私もだんだん辛くなり始めていたころでしょうか。実家にいたのですが、あまり楽に感じたことは無かったな。

生後0か月の成長生後1か月の成長生後2か月の成長生後3か月の成長生後4か月の成長生後5か月の成長
生後6か月の成長生後7か月の成長生後8か月の成長生後9か月の成長生後10か月の成長

-育児

Copyright© My mind home , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.