着衣水泳で水難事故防止!

更新日:

着衣水泳ってご存知ですか?

私が学生の頃には水泳の時間は、潜ったり、バタ足をしたり、クロールの練習というのがほとんどでした。

しかし、最近は学校の授業では、着衣水泳の授業が行われるようになっています。この着衣水泳とは、言葉の通りで衣類を着た状態で泳ぐ事です。

 

着衣水泳の授業を行う目的

着衣水泳の目的は、上手に泳げるようになるための水泳の授業ではなく、水の事故から身を守るための水泳の授業です。

水による事故は夏になると多いですが、夏ばかりとも限りません。それば、プールや海での水難事故だけではないからです。

川に落ちた、釣りをしてたら落ちた・・など水に落ちるときには衣類を身に着けている事が多いのです。そして、衣類を身に着けた状態で水に入るとどうなるのか?体験していない人は多いはずです。

このように記事を書いている私でさえ体験した事は有りません。

そして、着衣水泳の授業を行う事で衣類を身に着けた状態で水に落ちた時、命を守るための行動を学ぶことができるのです。

 

衣類を身に着けて落ちたとき、普通に泳ごうとしない

衣類を身に着けた状態で水に落ちたら、通常の水泳のように泳ごうとすると衣類で身動きが容易ではありません。そのため、泳ぐよりも衣類を膨らませ空気を入れたりしてプカプカと浮くなどの指導が行われます。

必死で水の抵抗に反発して泳げば、体力を消耗してしまうからですね。また、身近にある物を利用してつかまり、浮くなど命を守るための練習もします。ペットボトルや木材などにつかまって上手に浮くなどです。

「命を守るには、浮いて待つ」

とにかく、水の事故に遭遇したら浮いてまっている事が大切と言う事で。慌てずに、体力を温存する事が大切です。

浮き輪のように形が整っていない物を利用して浮くのは、案外難しい事ですよね。実際に体験しておくだけでも慌てないで冷静に行動する事ができそうです。

 

現代の衣類や靴などの素材は浮きやすい

現代の衣類や靴などの素材は、いろいろ進化していますね。そのため、水を吸収しにくい素材も多いようで浮きやすいのだそうです。ですから、慌てないで浮くコツを知っているだけで、人は簡単に浮くことができるという事です。

 

人が浮くためのコツとは?

ラッコの姿勢になる事で人も浮くことが簡単になるそうですよ。体の力を抜いて、仰向けの姿勢になります。この時に木材やペットボトルなども抱っこするようにして持ち、浮くと良いようですね。

 

df3ad7a4e59ad9871ae5425e07d163f6_s

 

持ち物や衣類が浮き輪替わりに

ラッコの姿勢になる事で、身に着けている素材によってはさらに浮きやすくなる場合もあるようです。ウィンドブレーカーや、ジャンパー、ダウンジャケットなどの素材は空気が入り込みやすいですし、水を吸収しにくいことで浮き輪の役目を果たしてくれる場合もあります。

また、カバン、リュックやランドセルなども抱っこして抱えると、浮き輪替わりになるそうです。息子が持っているとランドセルはとても重そうに見えるのですが、実は浮きやすいそうです。

スニーカーなどもプカプカと浮きやすいそうですから、脱がない方がいい場合もあるそうです。とにかく身に着けているものの浮力を最大に利用して、命を守る・・・と言う事が着衣水泳の最大の目的ではないでしょうか。

 

泳ぎも命を守るためのもの

泳げるようになる目的はもちろんスポーツや記録としての水泳もありますが、まずは生活に密着した命を守るために泳げるようになるのだ・・・ということを授業で行うのは、とても意義のある事ですね。

水が苦手、泳ぎが苦手と言う子でも着衣水泳を体験しておくことで、命を守る事ができるかもしれないですから。

 

水泳も習い事でも人気です、理由は?next001

 

 

 

-小学校, 育児

Copyright© My mind home , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.