小学校の名札事情が変わりつつある?!登下校外している?個人情報を守ってる?

更新日:

 

0fab4ea1d55d7e2dfa7dfb3571125cb4_s

登下校時に名札を外している

登下校の際に名札を外している学校が増えていますね。首都圏の学校では当然の流れになっていて、地方在住の者としては、なるほど・・・と思いました。

従来でしたら、家を出て帰宅するまでは名札は付けっぱなしでいる事が常でした。私が子供の頃などにもそうでしたね。ところが、今は名札を裏返して登下校したり、名札を学校に留め置き校内でのみつけているなどの事例があるようです。名札の取り扱いでは登下校でも付ける、登下校は付けないなど判断は学校によって分かれてるようです。

学校内では生徒が多いと困るので、名札がどうしても必要になります。しかし、登下校時には名前が見える事で犯罪に巻き込まれる可能性もあるとして、外すように指導しているという事のようです。

 

防犯、個人情報への配慮

中には、名札の裏などに保護者の氏名、住所、連絡先など記載出来るものがあります。そのため、個人情報を守り、防犯するという点で名札をつけさせないという対策を講じていると。

確かに公共の場で見知らぬ人に個人情報が知られる可能性は高いものですよね。

 

 

犯罪や防犯は名札だけでは防げない

名札がある事で犯罪に巻き込まれる可能性もあるかもしれませんが、名札だけで犯罪を防止する事はできないですね。

自分の命は自分で守るという意識を持たせることも必要ですし、保護者や学校、地域の連携による見守りが重要ですね。

 

声掛けなどの犯罪も多く、子供の警戒心って簡単に溶けそう

最近では小中学生が命を奪われてしまう、凄惨な事件も多いですね。私が住む区内でも不審な声掛けがあるようです。時々、学校からも注意のおたよりが配布されています。

こうした不審者情報がある以上、名札にも対策が必要なのでしょう。また、子供に知らない人にはついて行かない!と言っていても、知らない人だけど名前を呼ばれたら、知っている人なんだ・・・と思ってしまったり、親近感を感じてしまう可能性もあります。

そういう意味では名札を付けている事で、子供の警戒心を解く一つの材料を与えてしまう事になります。

 

便利な名札も登場し始めている

生徒が多い学校では、担任以外の先生は名前は覚えられませんから、名札がある事で物事の指示がスムーズに行くと思います。

学校生活では名前、名札は必要不可欠でもあるはず。そんな中、名札のケースをくるりとひっくり返すことができるケースも販売されているようです。

登下校時になったら、名前が見えないように内側にひっくり返す。とてもいいアイディアですね。

防犯意識の高まりや地域の呼びかけなどで、百万個の販売数とヒット商品になっているそうです。

持ち物の名前も目立たないように、内側に書くようにした方がいいですね。

 

のどかな地方なので息子は毎日名札つけてます。

名札って毎日付け替えなくてはならず、時には洗濯をしてしまいグチャグチャになったりします。

一般的な名札はビニールケースに入っていて、安全ピンで留めるタイプが最も多いと思います。この安全ピンで付け替えを毎日していると、左胸の部分だけ洋服もボロッとしてきますね(笑)

安全ピンの取り扱いも小学1年生のうちは、危ないからと親が付け替えている事も多いようですね。息子には、つけられるように練習させて、今では自分で付けて外しています。

【みんなは、ママにつけてもらってるよ!】と言われましたが。

そうなんだ・・・って思いつつも、自分で付けれないからでしょ。で終了させる。

 

名札が昭和な件

学校に斬新さや新しさは必要ないかもしれないですが、名札が私が小学校の頃と変わらず昭和の時代と同じ仕様です・・・。

小学校の名札のケースですが、ビニールですぐに切れます。あっという間にボロボロになるので、時々テープで補修しつつ使用して限界がきたら新しいものに交換しています。

 

名札を外すタイミングどうしている?

我が家では名札の洗濯を防止するために帰宅したらすぐに外させています。入学してから毎日、帰宅すると名札をとりなさいと言い続けていたので、今では言わなくても癖になっていてランドセルを下ろしたら自分で外しています。

そのため、お友達の家に行くときや、公園で遊ぶときには名札はつけていない状態です。もちろん、お友達はそのまま名札を付けて遊んでいる子もいますし、それぞれに違います。

 

 

-小学校, 育児

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.